STYLE of 821



それぞれのキーワードをクリックすると
そのワードにちなんだアイテムをご覧いただけます


No.009 レディソウル
 リズム&ブルース、ジャズ、ロック、ソウル、ヒップホップと革新的なサウンドは全て黒人音楽がルーツ。音楽も革新的ならそのスタイルもアフロヘアにフープイヤリング、ブリンブリンな特大ネックレスなどなど象徴的なアイテムは沢山!お揃いのワンピースにビーハイヴのガールズグループのスタイル、アレサフランクリンのようなアフリカン風のもの、映画ドリームガールズの中にもヒントがたくさん登場します。あなたの中にひそむ爆発するソウルを解放して堂々とファッションにブラックフィーリングを取り入れちゃおう。


No.008 ポップアート
 コミックの1コマを拡大してキャンバスに描いたロイ・リキテンシュタインやキャンベル缶をアートにしてしまったアンディ・ウォーホールなどに代表されるキッチュで誰もが知っているモチーフを力強い線や色で表し大衆の心を一瞬でつかんでしまうポップアート。サンローランがモンドリアンの絵画のようなワンピースを発表したり、1960年代にはポップアートの流れを組んだファッションもたくさん生まれました。現代でも村上隆とルイヴィトンが組んだりファッション×アートは密接な関係にあるのです。ペギーモフィットのような気分で自分をキャンバスに見立ててコーディネイトを楽しんで。


No.007 グラム
1972〜1975年頃、パンク前夜に花開いた中性的でど派手な衣装に身をつつみパフォーマンスをくりひろげたロック・スタイル。スタイル・アイコンはジギースターダストの頃のデヴィッド・ボウイやT・レックスのマーク・ボラン。BIBAのレインボールームで演奏した事もある悲劇のバンドニューヨーク・ドールズもお忘れなく!
やりすぎなメイクやゴールド、シルバー、ブロンズなどグリッターなアイテムの重ね付けやとにかく過剰に派手にがグラムの基本だけど、そんなクレイジーでファニーなニュアンスをスターや唇モチーフなどでちょっとだけ日常に取り入れて楽しもう。


No.006 20年代
アメリカは禁酒法のジャズ・エイジなんて呼ばれ、パリではアール・デコが生まれ、ドイツではダダイズムとバウハウスが生まれる。大戦の間に生まれた美しくも退廃的な時代。ポール・ポワレやシャネルなどの近代ファッションを作ったデザイナーが活躍したのもこの時代。ジャポニズムやシノワズリ趣味などエスニックなスタイルが好まれた時代でもありました。

 リッチー・ブラックモアなコクーン・シルエットのワンピースやターバンなどの小物をきかせてデカダン&エレガンスにキメて。


No.005 マリン

ヨットに乗ったり、サントロペの海辺を歩くようなリゾート感覚あふれるスタイル。イカリやヨットや舵、帆布を感じさせるキャンバス地や帆をはるロープなどのモチーフで表現できます。ファッションではボーダーTシャツ、セーラーカラーやヨットパーカー、セーラーパンツなど。

ブリジットバルドーをお手本に、定番カラーはネイビー×ホワイト×レッドのトリコロールですがあえてブラックでまとめたり、メタリックな素材をまぜてラグジュアリー感をだしたりと...夏の定番スタイルであっても新鮮に見せちゃおう!


No.004 スぺーシー
1960年代ケネディ大統領によってアポロ計画が発表され、人々が宇宙に明るい未来を見たそんな時代背景からプラスチック、ビニール素材など近未来を感じさせるファッションがピエール・カルダン、クレージュ、パコ・ラバンヌなどのデザイナーから発表された。
 2001年宇宙の旅にでてくる女性スタッフのようにシンプルなテイストからバーバレラのジェーンフォンダのようなセクシー路線までスペースルックを楽しくとりいれちゃおう。


No.003 ボヘミアンロック

 ボヘミアンとはヨーロッパを中心に、南・北アメリカなど世界各地に散在する漂泊民族をさす。
 フラワー、ペイズリーなど様々な柄をパッチワークしたチュニックにファーをまとっても足下はタイトにまとめて、あくまでクールにロックをミックスするのが旬。

なんといってもブライアンジョーンズがお手本!


No.002 トライバル
  アフリカ、中南米などの少数民族からインスパイアされたトライバルファッション。

色鮮やかなビーズやターコイズなどの石を使ったアクセサリー、洞くつの壁画のようにグラフィカルな象やライオンなどの動物モチーフを黒や茶色を使ってプリント柄にしたり、大胆なフリンジなどをワイルドに着こなして。


No.001 イーディ

裕福な家庭に育ちながらもアートやショービズの世界に憧れを抱き、やがてはウォーホールにみそめられ1960年代ポップアートを象徴するスタイルアイコンに。

細い体にレオタードとTシャツ、ショートカットに特大ドロップのイヤリングがトレードマーク。ビンテージルックを取り入れた先駆けだったりも。シエナ・ミラーがイーディを演じるファクトリーガールも公開。